医療行為 苦手な事

検診の業務内容は?

検診の仕事には、市町村で行っている基本検診、会社などで行っている事業所検診、学校をまわる学校検診、胃カメラを行う早朝検診、婦人科検診など様々な検診などがありますね。

 

 

検診の仕事の中でナースが行うのは、主に問診や、血圧測定、採血です。眼底検査なども行う事もあります。

 

学校検診では、耳から採血する貧血検査や、心電図などもあります。

 

また、婦人科検診や早朝検診では介助もありますね。

 

検診の仕事が始まる前に、毎年研修があります。
初めて検診の仕事をする時には一週間ほど時間をとり、しっかりと技術を一つ一つ指導してもらえるので安心です。

 

 

問診では、問診票にしたがって聞くだけですが、高齢者の方などには分かりやすく噛み砕いた聞き方が必要ですね。

 

耳が遠かったり、方言が聞き取りづらかったりしますが、丁寧にしっかり聞き取らなくてはいけません。

 

たまに、色んな健康法など行っていて、それについての質問や、病気に関しての質問があります。

 

そんな時はそれに対しての個人的な意見など話してはいけません。
丁重に肯定も否定もせずかわすのがベストです。

 

採血では、病院と違い治療などのために行う行為ではないため、極力失敗なく、少ない痛みで終わらせるようにします。

 

もちろん採血事故など決して起こしてはいけないので細心の注意が必要になります。

 

学生の採血は特に注意が必要で、神経など傷つける事のないよう、正中からの採血のみになります。

 

血管が見えないからといって、他の場所から採血が出来ない為、後日再採血となる事もあります。

 

また、貧血検査や採血では失神する方や子供もたまにいますから、顔色などもしっかり観察しながら採血しなくてはいけませんね。

 

また、夏場に検診が集中します。会場によっては、エアコンがなかったりしてものすごい暑い中、会場が熱気で酷い時もあります。

 

中には検診の待ち時間に具合が悪くなる方もいますので、会場内の様子にも気配りが必要ですね。