医療行為 苦手な事

手当が高く基本給が低い職場のデメリット

ナースのお給料は、基本給の他に職務手当や夜勤手当、家族手当や通勤手当といった手当がつき、総支給が出ますね。

 

ナースのお給料は、高収入と言われていますが、基本給はピンからキリまで…。

 

常勤で働くナースにとって、基本給は非常に大事なものです。

 

求人情報を見ていると、一ヶ月の総支給の額が良く、基本給は低いけど、高い手当が沢山ある職場があります。

 

手当などが非常に良い職場は、一見、一ヶ月の総支給も大きく収入が増えるかも…って思いますよね。

 

けれども、常勤の大きなメリットである賞与や退職金を考えた時、基本給の何ヶ月分…という計算になります。
そうなると、基本給の低い職場は賞与も低くなるということですね。

 

基本給の低い職場は、一ヶ月の総支給が良くても、年収にならすと実はあまり年収がアップしていないという場合もあるのです。

 

 

また、退職金も基本給から算出されますね。
退職金の額により、退職後の生活が大きく変わります。

 

その他にも、基本給を元に算出される額は色々とあります。
基本給の良し悪しで、その後の全体が大きく左右されるわけです。

 

また、なんらかの理由で夜勤が出来なくなってしまったりすると、手当が高く基本給の低い職場ですと、大きく給与が下がりますね。

 

 

基本給が高いという事は、毎月の給与の保証も高くなるわけです。
逆に、基本給の低い職場は手当の発生しない月があると著しく給与かわ下がりますから、要注意ですね。

 

 

給与のアップを狙った転職の際、手当が高く基本給がひくい職場を選んでしまうと、実は年収は上がっていないとか、長い目で見た時、収入は減ってしまっているというデメリットがあるのです。

 

とくに退職金はまとまった大きな額を手にするチャンスでもありますから、よく考えた方がいいですね。

 

もし、給与のアップを狙って転職を希望されるのなら、一ヶ月の総支給だけにこだわらず、しっかりと基本給や、賞与に関してのチェックは必要ですね。