医療行為 苦手な事

月給よりも年収が重要な理由

看護師は一般的な職業に比べ高収入を得られる職業です。
しかし、仕事がきつかったり、残業が多かったりすると、この給料じゃわりに合わない!と転職を考える事もありますね。

 

給料アップを狙って転職する際は気をつけなくてはならない事があります。

 

看護師の求人票を見ると、給与の欄には、基本給、手当などが記載されています。

 

たいていは、その合計額が一ヶ月の支払われる額として載っています。

 

その額が、現在の給与より良いとしても、年収になった時いくらになるか見定める必要があります。

 

 

一見給与アップを見込めると思っても、基本給の低い職場では年収が下がる危険があります。

 

年収は、毎月の給与と、年二回支払われる賞与などを合計した額をです。

 

賞与は基本給を元に計算され、数ヶ月分の基本給が賞与として支払われるのです。

 

基本給が良く、月収の良い職場であれば問題はないですが、月収は良いけれども基本給は低い、といった職場は気をつけなければなりませんね。

 

基本給が低いと、賞与も低くなり、年収は下がる事があります。

 

私も、転職した際に失敗した事があります。

 

転職すると、やはり基本給は今までよりも下がる事がありますね。
その分として、住宅手当としていう形で支給して頂き、総支給額が前と変わらないようにしてくれました。

 

しかし賞与の率が以前の職場よりも低く、しかも基本給も下がっています。
当然、年収は下がりますよね。

 

月収として見たときは、ほぼ差がないのに、年収として見たとき60
万近く違いが出たのには驚きました。

 

60万といったら、一ヶ月にならすと一ヶ月5万の減収です。
なんだか非常に損をした気分になりました。

 

 

転職する際は、月収だけでなく年収がどの程度になるかしっかり見極めなくてはなりませんね。